FP(ファイナンシャルプランナー)による生命保険無料相談で賢い保険選びをしましょう。生命保険見直し相談では中立的な立場のファイナンシャルプランナー(FP)があなたの保険相談に無料でお答えします。しつこい勧誘は一切ありませんので安心して利用できますよ。なぜ生命保険の見直しが必要なのか。今のままの保険で何がいけないのかなど生命保険選び/保険見直しのポイントを知りたい方はまず中立的な立場のプロFP による無料保険見直し相談からどうぞ♪
New Entries

あなたの生命保険、見直しませんか?ic_pikapika.gif

現代は生命保険会社が驚くほど沢山あります

現代は、生命保険会社が驚くほど沢山あります。今まで、災害を中心とした損保までが生命保険を売り出しました。こんな中、農協や生協の生命保険もじっくり調べて生命保険の選び方を考えたいものです。アメリカンホームダイレクトやアリコジャパンは、テレビCMによって人々の人気を集めています。

生命保険の保障が充実していればしているほど、保険の掛け金は高くなります。終身保険でその保障を生涯継続させるなら保険の見直し時期ごとに保険金は高くなっていきます。将来の自分の状況をできるだけ予測して生命保険の選び方を考えたいものです。最初に掛け金をできるだけ抑えておくのがポイントです。

生命保険を途中で解約することはとても損をすることになります。生命保険は続けてこそ保障が受けられるようになっていますから、今まで積み立てた掛け金はまったくといいほど返ってきません。そのため、生命保険の選び方を間違えないようじっくり検討することが大切です。

保険ファイナンシャルプランナーの一般的な生命保険の選び方に関する意見は、生命保険の掛け金はだいたい60歳か65歳までには払い込みが終わるような設定が望ましいとしています。高齢になると、年金生活になり、保険に支払う余裕がなくなるので、それまでに終身保険の払い込み完了を勧めています。

プルデンシャル生命保険のおすすめ保険商品

プルデンシャル生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社です。2004年にはあおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併し、営業基盤の拡大を図っています。プルデンシャル生命保険株式会社は、あまり頻繁に名前を聞く保険会社ではないかもしれませんが、どのような特徴があるのでしょう?

さて、何といってもこの生命保険会社の特徴は、専門家であるライフプランナーがオーダーメイドの保障を提供してくれることです。最適な生命保険を提供するには、生命保険はもちろん、税金や法律など幅広い知識を持った専門家が、保障を組み立てる必要があります。プルデンシャル生命保険は、強い味方ですね。具体的な商品やや評判はどうでしょうね。

プルデンシャル生命保険のおすすめ保険商品として、ドル建て保険の「終身保険」と「リタイアメント・インカム」があります。「リタイアメント・インカム」は、「養老保険」のことですが、死亡保障をおさえているので、通常の「養老保険」と比較すると貯蓄性がかなり高くなっているようです。

最後にプルデンシャル生命保険のクチコミをチェックです。「今までの生命保険のイメージが180度変わりました。押し売りしすぎず、定期的に電話もくれるので安心。入院した際の払い出しもスムーズでした本当に安心できる保険会社だと思います。」保険を検討されているなら要チェックです。

こくみん共済の特徴は家計にやさしい掛け金

消費生活協同組合法 (生協法)にもとづき、厚生労働省の認可を受け、助け合いの精神から生まれた全労済は、民間と異なり営利を目的としない保障の共済事業を行う協同組合です。その共済事業の中に「こくみん共済」があり、保障分野として遺族保障と医療保障があります。こくみん共済は、あなたとご家族の暮らしの安心を支えるために、本当に必要な保障は何かを考え多彩な保障タイプを揃え、年齢や性別、ライフステージに合わせて、一人ひとりにピッタリの保障を提供します。

こくみん共済の特徴は、1.家計にやさしい掛け金で、月々の掛金は契約が満了するまで一定で、年齢による負担増がありません。2.毎年の決算で剰余が生じた場合、「割り戻し金」としてお返しします。3.0歳から85歳まで加入でき、年齢や性別、家族の成長、暮らしのスタイルの違いにより、備えるべき保障は変化するので、多彩なタイプをそろえています。4.支払い事由が生じたときには、助け合いの共済だからこそ、迅速に対応します。

保障の種類としては、総合タイプ、総合2倍タイプ、大型タイプ、 医療タイプ、キッズタイプ、キッズワイドタイプ、シニア総合タイプ、シニア傷害タイプ、医療終身タイプがあります。あなたの生活スタイルに合わせて選べます。独身の方には「のびのびシングル」、若い新婚のご夫婦には「ほやほやファミリー」、育ち盛りのお子様のいる家庭には「ぐんぐんファミリー」、子供が独立したご夫婦だけの家庭には「いきいきシニア」がお勧めです。

独身者は、けがや病気に備えた総合タイプ、医療タイプ、医療終身タイプの組み合わせを、若夫婦には、マイホーム購入などに考慮してバランスよく考えた総合2倍タイプ、医療タイプ、医療終身タイプを、教育費や計画的な貯蓄も必要な育ち盛りの子供をかかえた家庭では、保障の合理的な大型タイプ、医療タイプ、医療終身タイプを、老後生活が目的で、入院や通院も視野にいれる夫婦には、シニア総合タイプ、シニア傷害タイプ、医療終身タイプがお勧めです。

cms agent template0039/0040 ver1.003